パン屋やケーキ屋、パティシエの仕事内容。それぞれの現場で働いていた人の口コミをまとめました。

私は大学を卒業したのち、洋菓子店の販売員として働いていました。 まずはケーキの名前や値段を全て覚えるところから始まり、挨拶や声かけを中心に教えられました。

慣れないうちはケーキをつかむトングの使い方がとても難しく、力加減がわからないためよくケーキを潰していました。上記の仕事内容はようは慣れですね。2週間でなんとかなります。

ここからです。大変なのは。

まずケーキの箱詰めなのですが、何種類か箱の大きさがあり、ケーキの数を見て箱の大きさを選ばなければならないのですが、サイズを間違えば一から詰め直しです。しかも保冷剤を入れる隙間や、ケーキが倒れないように隙間を埋める作業も必要なのでその感覚を早く掴まないことには、お客様をお待たせしクレームに繋がる結果となります。

またケーキはとても繊細なので、ちょっとの衝撃で上のフルーツが全部落ちることもありそれが最後の一つの場合だとお客様にお渡しできなくなるので、これもまたクレームに繋がります。

焼き菓子も取り扱っていたので、包装・のしの最低限の知識は持っていた方が役立つでしょう。あとはどんな状況でも笑顔でいることぐらいですね。

ケーキの販売員は特に資格やスキルは必要なく、一見華やかに見えるのですが力仕事ばかりなので根性があることくらいですね。

社員としての業務内容は、主に発注・経費の管理・シフト作成といったところなので、だいたいどこのお店にもマニュアルがあるのでそんなに難しくないです!

ただ女の園なのでシフトの時は影でごちゃごちゃ言われることが多いですが、最初はめげますが気にしないことが一番です。

それ以上にお客様にありがとうとか、気が効くねとか褒めていただくことで嫌なことなんて吹っ飛びますので大丈夫ですよ!お給料は本当に低いので覚悟しておいた方がいいです。

好きじゃないと続かないと思います。またクリスマスが繁忙期となりますが尋常じゃない忙しさなので覚悟しておいてください。

事前にシミュレーションしておくことをお勧めいたします。

色々お伝えしましたが、ケーキ屋の販売員は簡単じゃありません。テキパキ、自分で考えて行動できる人には向いてるんじゃないかなと思います。

仕事内容その2.大人気となっている職業パティシエですが。

今から7年程前まで人気の職業となっているパティシエをしていました。

高校卒業後に地元にある大手製パン会社に就職し、洋菓子部門へ配属されました。 会社のメイントなる作業はスーパーやコンビニ等へ納品するパン・和洋菓子ですが、私の配属された部署は直営店にて展開しているカフェとなっており、そこで提供するケーキ作りでした。

本社工場は機械にてのオートメーションによって製造されていましたが、私の部署は職人が一から作るのでパティシエやパン職人のブーランジェになりたい方にピッタリな所でした。

生地の仕込みから仕上げまで全ての作業を行うので、朝6時の勤務から夜9時位までと拘束時間は長かったです。 おまけに一日中立ち仕事で力仕事ばかりなので体力が最も必要とされる仕事でした。

拘束時間は長いですが月収は20万円程となっており、勤務時間からすると薄給ですが魅力が感じられる仕事でした。 しかも働きながら資格習得も行えました。

それは「製菓衛生士」です。 この資格は製菓学校を卒業するかその業種に2年以上従事する事で受験資格が可能となる資格です。

作る技術は勿論ですが、細菌の予防法や器具の洗浄方法等の基本的知識が求められる資格となっています。 将来パティシエやブーランジェを志す方であれば、是非習得して頂きたい資格となっています。

パティシエは表面だけ観ると華やかな仕事となっていますが、実際は力仕事中心のハードな仕事です。

しかし、現在有名パティシエとして活躍されている方もこの作業を経験してきているのです。

仕事はキツイですが、一流のパティシエになりたいという思いがあれば誰にでも目指せる世界です。 パティシエの夢を持っている方は是非叶えて欲しいです。

仕事内容その3.憧れのパン屋でのお仕事内容

結婚のために前にやっていた仕事を辞め、軽く働くつもりでチェーン店のパン屋でパートの仕事に就きました。

パンの香りに囲まれて働くのはきっと楽しいだろうという、特に技術もなく、知識もない状態で働き始めたのですが、パンを作る仕事が思いのほか楽しくて、どんどん仕事内容を覚え、5年たった今では正社員になり働いています。

パン屋の仕事では製造と販売とで分かれており、私は製造の仕事をしているのですが、最初はパンの加工業務や、サンドウィッチの仕事を中心に行いました。

これは誰でもできる仕事で、段々とパンの成形や、生地の作成などの覚えこなしていきます。

パン屋の仕事はただ、楽しいだけではなく、時間との勝負です。

お客様がたくさん来店する午前中のうちに焼きたてのパンをどんどん出していきます。 追加のパンも予測してだしていきます。

売れ筋のパンは絶対に切らしてはいけないため、細かに作成をして出すようにしていました。 パートと正社員の違いは、どうすればお客様の購買意欲をもっと上げられるのかを考えながらパンを作成することです。

なあなあな仕事をして、ある程度の商品を作っているだけの作業ではなく、一つ一つを心をこめて作り、すべてが最高のパンであることを求めます。

そしてお客様がもっと求めるパンを考え作り出すのです。 他店との違いをだし、当店のみが出せるオリジナルなパンを作り出すという意識の違いがあります。

職場では力仕事なので男性が多く、女性は販売員の方が多いと思います。

正社員のお給料は20万円から30万円くらいのお給料の方が多いです。

そのポジションでも接客はあるので、常に元気よく製造の方からも声かけなどをして、元気な店作りをおこなっています。

転職サイト一覧

転職サイト利用者の80%以上が利用

かんたん登録。転職サイトの中でも圧倒的に求人数が多いです。

非公開求人が豊富

あなたにあった求人や職務経歴書から面接のサポートまで専任アシスタントがサポートしてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加